Ticket is not available

Event is FINISHED

公務員×Tech スマート社会実現のための乗り越えるべき壁とは

Description
SCI-Japanウェビナーシリーズ「コロナとの共存時代のスマートシティを考える」では、1回60分前後、ライトな対談形式をメインに、新型コロナウイルス対応×スマートシティという切り口で、SCI-Japanならではの最新かつ有意義な情報を、広く皆さまにお届けしています。(シリーズの概要はこちらをご覧ください→ウェビナースケジュール

新シーズ「日本型データ社会加速のシナリオ」の第1回は、総務省地域情報化アドバイザーの石塚清香氏をゲストにお迎えします。 
様々な課題解決のために全国各地でテクノロジーを活用したスマート化の取組みがされていますが、実際には「言うは易し、やるは難し」です。同氏がこれまで、行政において様々なシステム案件を手掛ける中で見えてきた壁、それを乗り越えるために必要なことなどをご紹介しつつ、模索していきます。

参加費無料・事前登録制
事前登録はこちらから→https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_I-JK4LljSGmeAttXYdLhyg
※配信はZOOMを予定しています。ご視聴にあたっては登録が必要になりますので、上記リンクからご登録をお願いします。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。

【スピーカー】


石塚 清香 氏
総務省地域情報化アドバイザー/横浜市経済局ICT専任職/Code for YOKOHAMA

平成3年横浜市入庁。
教育用PC・インフラ整備担当、横浜市国民健康保険システムの運用管理を経験した後、2013年にオープンデータを活用したパーソナライズ型子育てポータル「育なび.net」を企画・構築し、全国的に子育てアプリが立ち上がるキッカケを作る。
その他、音声電話を活用した防災情報伝達システム、危機関連保証スマート申請など官民協働でのシステム構築にも参画。
地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2017授賞。


北野 菜穂 氏
㈱アスコエパートナーズ 執行役員/㈳ユニバーサルメニュー普及協会 事務局長 
中国、米国、イタリアの大学留学、早稲田大学大学院にて社会システム理論を研究
株式会社ハイボット共同創業。2009 年〜2014 年、同社代表取締役社長
2017年より株式会社アスコエパートナーズ 執行役員
EU単一デジタル市場戦略ISA2 CPSV-AP事業参画
エストニア政府と国際標準行政サービスカタログ開発事業立上げ、日本の自治体 AIチャットボット活用事業開発等に従事


南雲 岳彦
㈳スマートシティ・インスティテュート 理事 
三菱UFJリサーチ&コンサルティング専務執行役員、内閣府規制改革推進会議委員、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センター・フェロー、京都大学経営管理大学院客員教授、産業技術総合研究所客員研究員、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター上席客員研究員を兼務。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#679603 2020-07-31 02:52:18
Mon Aug 31, 2020
6:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
イベント詳細に掲載されたリンクからご登録ください FULL
Organizer
スマートシティ・インスティテュート
1,460 Followers

[PR] Recommended information